発毛剤

発毛剤で髪は増えない!?

世の中にはたくさんの種類のヘアケア商品がありますが、
”髪を増やす”、”髪を生えさせる”ことを第一に考えるのであれば、選ぶべきは発毛剤です。
発毛剤に代表される商品といえば、リアップやロゲインです。

 

 

”髪そのものを増やしたい””てっとり早く髪を増やしたい”のであれば、
発毛剤を選択するのは正しい選択です。

 

現在薄毛で悩んでいる人の中には、
発毛剤の使用を検討している人がいることと思います。

 

 

ですが、先に言っておきます。

 

 

いくら発毛剤を使っても、効かない人には効きません

 

 

 

発毛剤を使っても、

 

  • 発毛剤で髪が増える人
  •  

  • 発毛剤で髪が増えない人

 

とに分れてしまうのです。

 

 

毛が生えてくる効果そのものが期待できる発毛剤を使ったからといって、
あなたの髪が増えるわけではありません。

 

発毛剤は、使用する人によってその効果が分れるのです。

 

 

  • 発毛剤の効果がある人
  •  

  • 発毛剤の効果がない人

 

 

に分かれてしまうのです。

 

・・・

 

リアップやロゲインに代表される発毛剤。
発毛剤は、その名のとおり発毛させることを目的とした商品です。

 

育毛剤や養毛剤に比べ、”髪を生えさせる”ことに特化した商品なのです。
”発毛させる”ことに特化したヘアケア商品が発毛剤なのです。

 

一刻も早く髪を増やしたいのであれば、使用すべきは発毛剤です。

 

 

ですが、

 

 

どれだけ一生懸命発毛剤を使用したところで髪が生えてこない人は生えてこないのです。
どれだけ発毛剤を使っても全然髪が増えない人は増えないのです。

 

発毛剤を使っても髪が生えない人、髪が増えない人にはある共通点があります。
発毛剤を使っても効果が得られない人にはある共通点があるのです。

 

 

それが、AGA(男性型脱毛症)です!

 

 

薄毛で悩んでいる人であれば、AGAという言葉はどこかで聞いたことがあると思います。
正式名称はAndrogenetic Alopeciaで、略してAGAと呼ばれます。
日本語では男性型脱毛症と呼ばれている男性特有の脱毛症です。

 

AGA(男性型脱毛症)は男性特有の脱毛症で、その根本的な原因が男性ホルモンです。
加齢と共に分泌量が増す男性ホルモンの影響で髪がどんどん薄くなっていく症状です。

 

男性ホルモンの主成分は、テストステロンと呼ばれる善玉男性ホルモンなのですが、
このテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる体内酵素の働きで、
悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化します。

 

このジヒドロテストステロンが前頭部、頭頂部に分布する男性ホルモン受容体と結合し、
脱毛作用を働くのです。

 

男性ホルモン受容体が分布するのは主に前頭部と頭頂部。
なので、AGA(男性型脱毛症)の人のハゲ方には特徴があります。

 

前頭部がM字状に薄くなっていくM字ハゲU字ハゲ
頭頂部がO字状に薄くなっていくO字ハゲや前頭部と頭頂部が同時にハゲていく
M+O字U+O字ハゲなのです。

 

 

発毛剤はまだ買うな!効果がある人、ない人、その違いとは?

 

 

主に前髪の生え際である前頭部と頭のてっぺんである頭頂部の髪に症状が表れます。
側頭部や後頭部の髪に異常はないのに、前頭部、頭頂部の髪が薄くなっている人は
典型的なAGA(男性型脱毛症)なのです。

 

そして、このAGAが厄介なのは、放置しておけば、
どんどん症状が進行してしまうところです。

 

加齢と共に分泌量が増す男性ホルモンの影響で、薄毛はどんどん進行していき、
最終的に側頭部と後頭部の髪を残して髪が抜け落ちてしまうのです。

 

 

 

 

で、ここからが重要です。

 

AGA(男性型脱毛症)の根本的な原因は男性ホルモンです。
悪玉ホルモンのジヒドロテストステロンが原因でAGAは進行していきます。

 

AGA(男性型脱毛症)を治したいのであれば、その根本的な原因である
悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの発生を抑えなければなりません

 

AGAの根本的な原因はジヒドロテストステロンと呼ばれる悪玉男性ホルモンです。
このジヒドロテストステロンが原因で薄毛が進行していくのです。

 

薄毛で悩んでいる人の中には、発毛剤に一縷の望みを託す人がいます。
発毛剤に髪の復活を託し、毎日せっせと発毛剤を使用する人がいます。

 

 

ですが、

 

 

リアップやロゲインといった発毛剤には、AGAの根本的な原因である
ジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)の発生を抑える効果はありません。

 

”発毛剤”と呼ばれる商品は、毛根の毛母細胞を活性化し、発毛を促進する効果はあるものの、
AGAの根本的な原因であるジヒドロテストステロンの発生を抑える効果はないのです。

 

分かりますか?

 

男性ホルモンが原因のAGA(男性型脱毛症)なのであれば、
その原因である男性ホルモンによる作用を抑えなければ意味がありません。

 

AGAなのであれば、男性ホルモンによる作用を抑えなければ
薄毛は克服できないのです。

 

AGAなのであれば、発毛剤による効果は限定的なものです。
中には、一時的に髪が増える人がいますが、それはほんの一時的なものです。
発毛剤を使用したことで毛母細胞が一時的に活性化され、
一時的に髪に元気が戻っただけに過ぎないのです。

 

ですが、時間が経過すれば、薄毛は確実に進行していきます

 

AGA(男性型脱毛症)で悩んでいるのであれば、その根本的な原因である
悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の発生を抑えなければ、
薄毛を克服することはできないのです。

 

あなたがAGA(男性型脱毛症)でないのであれば、迷わず発毛剤を使用すればよいでしょう。
AGAでないのであれば、前髪や頭頂部がだけが局地的に薄くなったりはしません。

 

  • 髪全体が薄くなっている
  • 髪の分け目が薄くなっている
  • 女性の薄毛全般

(↑AGAではない症状(男性ホルモンが原因ではない))

 

 

など、いわゆる男性ホルモンが直接原因でない薄毛、抜け毛で悩んでいるのであれば、
発毛剤を使用することで髪を増やすことができるでしょう。

 

 

ですが、

 

 

さきほども説明したように、

 

  • M字ハゲ
  • U字ハゲ
  • O字ハゲ
  • M+O字ハゲ、U+O字ハゲ

(↑典型的なAGAの症状)

 

 

といった典型的なAGAの症状で悩んでいるのであれば、
発毛剤を使用したところで効果は限定的なのです。

AGAなのであれば、使用すべきは発毛剤ではない!

自分がAGA(男性型脱毛症)と自覚している人は、

 

「それじゃあ、一体どうすればいいんだ!?」
「AGAなら発毛剤じゃなくて、何を使えばいいんだ!?」

 

と思ったことでしょう。

 

そういう人が使用すべきは、リアップやロゲインなどのいわゆる発毛剤ではなく、
男性ホルモンの脱毛作用を抑える育毛剤なのです。

 

AGAの元凶は、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン。
ジヒドロテストステロンの発生を抑える育毛剤を使用することが最善の策なのです。

 

ジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)の発生を抑える育毛剤は
いくつかありますが、その中でも効果が高いものを一つ挙げるとすれば、
今のところチャップアップという育毛剤が第一候補に挙げられます。

 

 

発毛剤はまだ買うな!効果がある人、ない人、その違いとは?

≫ 公式サイトを見る ≪

 

 

育毛剤、発毛剤についてネットでリサーチしたことがある人なら、
チャップアップという育毛剤をネットで見かけたことがあると思います。

 

”発毛剤”ではなく、”育毛剤”に分類されるチャップアップですが、
チャップアップの特徴は、AGA(男性型脱毛症)の根本的な原因である
ジヒドロテストステロンの発生そのものを抑える効果が非常に高いということです。

 

AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの産生を抑制する
効果がある育毛剤というのは、チャップアップ以外にもいくつか存在します。

 

具体的には、イクオス、プランテル、ポリピュアEX、フィンジア、バイタルウェーブ、
リデン、ブブカ、プランテル、Deeper3Dといった育毛剤が相当します。

 

 

 

 

ですが、チャップアップには業界最多となる8種類のジヒドロテストステロン抑制成分
配合されており、他の育毛剤と比較してもその効果は頭ひとつ抜きん出ています。

 

 

ジヒドロテストステロン抑制力比較
  • チャップアップ・・・★★★★★
  • イクオス・・・★★★☆☆
  • ポリピュアEX・・・★★☆☆☆
  • フィンジア・・・★☆☆☆☆
  • プランテル・・・★★★☆☆
  • バイタルウェーブ・・・★☆☆☆☆
  • リデン・・・★☆☆☆☆
  • ブブカ・・・★★☆☆☆
  • Deeper3D・・・★☆☆☆☆

 

 

その他にも、チャップアップには血行を促進する生薬有効成分、
頭皮の環境を改善する成分、皮脂の過剰分泌を抑える成分、
毛根の活性化成分、髪を作る原料となるアミノ酸が豊富に含まれています。

 

現在巷には様々な育毛剤が販売されていますが、
その多くは得られる効果に偏りがあるものが多いです。
例えば、血行促進効果が高い反面、頭皮環境の正常化効果が低かったり、
頭皮ケア効果が高い反面、毛根の活性化効果が低かったりといった具合です。

 

チャップアップという育毛剤は、育毛剤としての主要な効果効能である
頭皮の血行促進、頭皮環境の正常化、毛根活性化、抗男性ホルモン効果
4つの効果がそれぞれまんべんなく高いというのが特徴です。

 

発毛剤はまだ買うな!効果がある人、ない人、その違いとは?

 

そして何より、AGA(男性型脱毛症)の原因物質であるジヒドロテストステロン
の産生を抑制する効果(抗男性ホルモン効果)が高いというのも特徴です。

 

”発毛剤”というと、大正製薬の「リアップ」を連想する人が多いと思いますが、
リアップに発毛効果があるとされるのは、医薬成分であるミノキシジルによる
血行促進効果があるからです。

 

 

チャップアップには、ミノキシジルのような医薬品成分は含まれていないものの、
様々な生薬成分の働きによって頭皮の血行を促進し、発毛を促す効果があります。

 

ミノキシジルのような医薬品成分を含んでいないため、リアップと比較すると
頭皮の血行促進効果は若干劣るものの、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロン
の産生を抑制する効果を備えています。

 

ミノキシジルを5%含むリアップX5プラスとその血行促進効果、
ジヒドロテストステロン効果を比較すると以下のようになります。

 

 

<頭皮の血行促進効果>

  • リアップX5プラス・・・★★★★★
  • チャップアップ・・・★★★★☆

 

 

<ジヒドロテストステロン抑制効果>

  • リアップX5プラス・・・☆☆☆☆☆(効果なし)
  • チャップアップ・・・★★★★★

 

「発毛剤」という響きは、あたかも髪を増やしてくれるようイメージを与えますが、
リアップやロゲインに代表される発毛剤は、医薬品成分を含むことによる
高い血行促進効果がある反面、AGAの原因物質を抑制する効果はありません。

 

もちろん、頭皮の血行不良が原因による抜け毛や薄毛で悩まされているのであれば、
リアップやロゲインを使用することでそれなりの効果があるでしょうが、AGA・男性型脱毛症の
根本的な原因物質は男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)です。

 

頭皮の血行を促進する効果も重要ですが、それ以上に脱毛因子である
ジヒドロテストステロンを抑制することが重要になってきます。

 

AGAの対策は、”男性ホルモンの脱毛因子をブロックしながら発毛を促す”事が
ポイントであり、双方の効果を備えたものを使用するのであれば、
今のところチャップアップが最適です。

 

 

CHAPUP チャップアップ

 

発毛剤はまだ買うな!効果がある人、ない人、その違いとは?