アムウェイ 発毛剤

アムウェイの発毛剤で薄毛は本当に治るのか!?

Amwayアムウェイから発売されている発毛剤「CYTOMAX サイトマックス」
知名度こそ高くないものの、知る人ぞ知る発毛剤ですよね。

 

 

既にアムウェイの発毛剤を使用している人も、
これからアムウェイの発毛剤を使用しようと考えている人もいると思いますが、
アムウェイの発毛剤ですべての薄毛が治るわけではありません

 

ここだけの話、

 

 

・アムウェイの発毛剤で治る薄毛

 

・アムウェイの発毛剤で治らない薄毛

 

 

があるのです。

 

アムウェイの発毛剤「CYTOMAX サイトマックス」は、
血行を促進し、毛母細胞を活性化して発毛を促進するのがその最大の特徴です。

 

酢酸トコフェノールが血行を促進し、ベンジルカイネチンと呼ばれる有効成分が
毛母細胞に直接働きかけて毛母細胞を活性化します。

 

毛母細胞を活性化するのは強い髪を育てる上で重要なことです。

 

毛母細胞が元気な人は、健全なヘアサイクルと共に強くて太い髪が育っていきます。
逆に、毛母細胞に元気がない人は、ヘアサイクルが乱れ、細くて弱々しい髪しか育ちません。

 

毛母細胞を元気にすること、活性化することは、
薄毛や抜毛といった髪トラブルを改善する上で非常に重要なことなのです。

 

アムウェイの発毛剤「CYTOMAX サイトマックス」は、
毛母細胞を活性化する非常に優れた効果があります。

 

ですが、

 

アムウェイの発毛剤には、男性ホルモンによる脱毛作用を抑制する効果はありません

 

薄毛、抜け毛の原因は人それぞれですが、
多くの日本人男性が悩まされている薄毛の原因は男性ホルモンなのです。

 

多くの日本人は男性ホルモンの作用による薄毛に悩まされているのです。
男性ホルモンが原因の薄毛は男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。

 

薄毛で悩んでいる男性であれば、AGA・男性型脱毛症という言葉を
どこかで聞いたことがあると思います。

 

年齢を重ねると同時にその分泌量が増す男性ホルモン。
薄毛、抜け毛で悩んでいる成人男性の多くはAGA(男性型脱毛症)なのです。

 

AGA、男性型脱毛症の原因は男性ホルモンです。
活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンと呼ばれる物質が
脱毛作用を働き、薄毛が進行していくのです。

 

AGA、男性型脱毛症で悩まされているのであれば、
ジヒドロテストステロンと呼ばれる活性型男性ホルモンの分泌を抑えることが絶対に必要です。

 

それをせずに毛母細胞を活性化しても”焼石に水”なのです。
アムウェイの発毛剤で毛母細胞を元気にしても、AGA・男性型脱毛症の
根本的な原因であるジヒドロテストステロンの発生を抑えなければ、
薄毛を根本的に解消することはできないのです。

 

冷静に考えてみれば分かると思います。

 

アムウェイの発毛剤は、毛母細胞を活性化する効果はあっても
AGA(男性型脱毛症)の根本原因である活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の発生を
抑制する効果はないのです。

 

 

アムウェイの発毛剤で治らない薄毛・・・AGA、男性型脱毛症

 

 

ということになるのです。

 

あなたの薄毛の原因が、単なる頭皮の血行不良やそれに伴う毛母細胞の弱体化なのであれば
アムウェイの発毛剤で薄毛を解消できるかもしれません。

 

 

ですが、

 

 

あなたの薄毛の原因が男性ホルモンによるものなのであれば、
言い換えればあなたがAGA(男性型脱毛症)なのであれば、
使用する発毛剤をもう一度考え直す必要があります。

 

具体的にどういった発毛剤を使用すべきかは、
当サイトのトップページで詳しく解説しています。

 

いずれにせよ、アムウェイの発毛剤を使用する以前に自分の薄毛の原因は何なのか、
アムウェイの発毛剤はその原因に対処しているのか、
ということを把握しておかなければいけません。