発毛剤 不妊症

発毛剤で不妊症になる!?

”発毛剤を使用すると不妊症になる”と、まことしやかに囁かれていますが、
「都市伝説」という声もあれば「実際に出来なくなる」との声もあります。
果たして本当の所はどうなのかを検証してみるとしましょう。

 

 

塗るタイプの発毛剤に関しては「問題なし」

発毛剤は塗るタイプのものと飲むタイプのものに分類出来ますが、
塗るタイプの発毛剤に関しては不妊症になる可能性はほとんどありません

 

塗るタイプの発毛剤にも様々な種類がありますが、
基本的にどの発毛剤も頭皮表面へのアプローチにすぎません
頭皮の状態を良くする、刺激を与えて血行を促進すると、
頭皮上の効果効能に限定されるので不妊症を併発させてしまうようなものはありません。

 

 

飲むタイプの発毛剤に関しては「可能性あり」

一方、飲むタイプの発毛剤に関しては残念ながら不妊症の可能性があります。

 

 

 

近年ではAGA治療で定着しつつあるフィナステリド。
こちらは抜け毛減少効果が認められているのですが、
フィナステリドには性欲減退・精子減少というデメリットが挙げられます。
性欲減退に関してはコンディション次第でなんとかなるかもしれません。
ですが精子が減少してしまうと、当然妊娠の可能性は低下します。

 

また、確率的にはわずかではありますが、フィナステリドを摂取してEDになったとの声もあります。
EDになってしまったら性交渉そのものが出来なくなりますので、子供は出来ません。

 

フィナステリドは分かりやすく言えば男性ホルモンの働きを抑え、抜け毛を減らす働きがあります。
男性ホルモンの働きによって抜け毛が増えるのがAGAの正体なのですが、
それらを抑えるという事は、いわば「男としての働きを抑える」をも意味していますので、
男性側が原因の不妊症になってしまう可能性はあるのです。

 

既に子供がいて、もう子供を作る必要がない夫婦であればフィナステリドは特に問題にはなりませんが、
これから子供をとお考えの夫婦は、フィナステリドの服用は避けた方が無難です。

 

 

子供を作りたいなら塗る発毛剤

子供は作りたい。でも薄毛を何とかしたい…。
男性にとっては切実な悩みで、まさに「子どもを取るか髪の毛を取るか」ですが、
塗るタイプの発毛剤であれば先にもお話したように、性欲や精子に影響を及ぼす事はありません。

 

 

将来、子作りを考えているのであれば飲むタイプの発毛剤ではなく、
頭皮に塗布するタイプの発毛剤を使用するのが無難です。