発毛剤 手作り

手作りの発毛剤|発毛剤の作り方

発毛剤や育毛剤には様々な種類のものがありますが、
発毛剤によって含まれている成分も異なれば謳っている効果効能も異なります。

 

最も自分に合った発毛剤を使用したいのなら、発毛剤を手作りしてみてはいかがでしょう?
薄毛、抜け毛の原因は人それぞれですから、自分で作るのであれば自分に最も合った
発毛剤を作ることができるのです。

 

 

AGAで悩んでいるなら?

AGAで多くの発毛剤に含まれているのがオウゴンエキスやヒオウギ抽出液、チョウジエキスです。
これらの成分はAGAの原因でもあるジヒドロテストステロン(DHT)を生成する
5αリダクターゼの生成を抑制する成分が含まれています。

 

AGAのための薬といえばフィナステリドが有名ですが、
フィナステリドには性欲減退や精子減少といった副作用が確認されていますので、
これから子どもをとお考えの夫婦の場合、フィナステリドは不妊症を誘発しかねません。
体に害のない植物性エキスであるオウゴンエキスやヒオウギエキス、チョウジエキスを配合した
手作り育毛剤であれば副作用のリスクもありません。

 

 

毛を増やしたいなら?

髪の毛の量が減っているので何とかしたい・・・。
髪の毛の量を増やしたいと考えているならセンブリエキスです。

 

最近の育毛剤にもよく使用されるセンブリエキスですが、センブリエキスとしても購入出来ますし、
センブリそのものは漢方ですので、漢方として販売されているものを取り寄せることもできます。
センブリエキスには育毛効果が確認されていますので、
毛の量を増やしたいと考えているのであればセンブリエキスも含めてみましょう。

 

 

頭皮の皮脂が多い人や乾燥しがちな人

髪の毛の土台でもある頭皮。頭皮の状態が悪ければ髪の毛とてしっかりと生えてくれません。
皮脂が多くて悩んでいる方もいれば、逆に皮脂が足りなくて乾燥しがちで悩んでいる方もいるでしょう。
皮脂が多い方はダイズエキスやドクダミエキスが有効です。
逆に乾燥しがちだという方はローズマリーエキスやゴボウエキスを含めてみると良いでしょう。

 

 

他にも入れておくと良いものは?

毛髪は血流が良ければ生えてくるとも言われていますので、
血流を改善してくれるニンジンエキスやボタンエキス
他でも紹介したオウゴンエキスやセンブリエキスも同様の効果が見込めます。
また、髪の毛を作る「主成分」とも言うべき亜鉛も含めた方が良いでしょう。
亜鉛に関しては摂取しすぎると副作用が出てしまいますので、
1日の摂取量は30mg以内に抑えるよう心掛けましょう。

 

 

これらの成分はどれもネットを駆使すれば簡単に入手出来ますので、
自分だけの「オリジナル手作り発毛剤」は、案外簡単に作ることが出来るのです。