発毛剤 癌

発毛剤で癌になる!?

「発毛剤を使うと癌になるリスクが高くなる」

 

ということが一部ネットなどで噂になっていますよね。
発毛剤は継続的に使うことで効果が現れるものです。
継続的に使用するにあたって癌との関係が気になるところです。

 

私自身も、気になったのでかなり細かく調べてみたのですが、
結論から言うと「発毛剤で癌リスクが高まる」という話について
明確な根拠を示している資料は見つかりませんでした。

 

ここでは、発毛剤と癌との関係について調べたことをまとめてみたいと思います。

 

 

プロペシアの主張成分「フィナステリド」が発癌リスクを高める?

「発毛剤は癌リスクを高める」という主張の根拠となっているのがフィナステリドという成分です。

 

フィナステリドはもともと前立腺癌の治療薬として使われていたものです。
前立腺癌も男性型脱毛症も、いずれもホルモンのバランスがくずれることが原因と言われています。
フィナステリドは崩れたホルモンバランスに働きかける薬として使用されてきた経緯があります。

 

発毛剤で癌が発症!?発毛剤と癌の関係について・・・

 

そのフィナステリドが、数年前にアメリカの研究で発癌リスクを高めると発表されました。
それによって、フナステリドと癌の相関関係が疑われるようになりました。
ですが、この主張には根拠がなく、発癌リスクとの関係は明らかにされていません。

 

日本では、フィナステリドは医師の処方が義務付けられている薬です。
ドラッグストアなどで売られている発毛剤にフィナステリドは含まれていません。
なので、市販の発毛剤を使用するにあたってフィナステリドによる影響を懸念する必要はありません。

 

ただし、海外となると話は別です。
海外で販売されている発毛剤にはフィナステリドが含まれているものがあり、
医師の処方なしに入手することもできます。
海外の発毛剤は個人輸入で入手することができますので、
海外の発毛剤を使用するときは注意が必要です。

 

また、余談ではありますが、フィナステリドは癌基準に厳しいヨーロッパやアメリカで
お菓子などの食材のコーティングに使われているという実情もあります。

 

フィナステリドに発癌リスクが認められたとなると、そうした実情からも
非常に大きなニュースとなると思いますが、いまのところそうした話は出てきていません。

 

 

まとめ

発毛剤と癌の関係が噂されるようになったのは、数年前にアメリカの研究で
フィナステリドに発癌リスクがあると発表されたことが原因のようです。
その発表の影響で、一部ネットで発毛剤を使用すると癌になるとウワサになっているようです。

 

ですが、フィナステリドと発癌リスクは根拠がなく、相関関係は今もハッキリとは分かっていません。
発毛剤を使用したからといって癌になるという根拠は今もないようです。

 

フィナステリドが含まれない発毛剤に関しては、
癌リスクを心配する必要はありませんのでご安心ください。