発毛剤 女性 ドラッグストア

ドラッグストアで入手できる女性用の発毛剤について

薄毛と言えば男性の悩みというイメージがありますが、
実は女性も髪のボリュームが減る、細くなるなど髪に関して悩みを持っている人が少なくないのです。

 

そんな女性の髪へのトラブルを解決するため、おすすめしたいのが発毛剤です。
今回は、ドラッグストアで手軽に入手できる女性用発毛剤についてご紹介します。

 

女性用発毛剤は男性用とどう違うの?

同じ薄毛でも、女性と男性では髪が薄くなるメカニズムは異なります。

 

男性は額の生え際部分や頭頂部など、部分的な薄毛が起こりますが、
女性は頭部全体の髪が減り、全体的にボリュームがなくなるという傾向があるのです。

 

これは、男性の薄毛は男性ホルモンが主な原因、女性は女性ホルモンの影響や
貧血など根本的な原因の違いが理由。

 

そのため、発毛剤は男性用と女性用に分けられており、
配合される成分にも違いがあるのです。

 

 

ドラッグストアで購入できる女性用発毛剤の種類

ドラッグストアで手軽に購入できる発毛剤は、主に以下の3種類があります。

 

医薬品

医薬品は厚生労働省が認めている、薄毛に対して効果・効能がある『医薬育毛成分』が、
一定以上の割合で配合されている発毛剤のこと。
薬と同じ扱いなので、入手するにはお店で薬剤師から説明を受けるのが条件です。

 

医薬品の発毛剤は主に「ミノキシジル」という血管拡張作用がある成分が含まれています。
元々は高血圧症の薬として用いられていましたが、その拡張作用で頭皮の血流をよくして、
必要な酸素や栄養を毛根まで運ぶ効果があるとして、発毛を促すことが判明しました。
現在ではドラッグストアでも購入できる育毛促進成分として、男性用女性用ともに配合されています。

 

医薬部外品

医薬部外品は厚生労働省が認めている『薬用育毛成分』が、
一定以上含まれている発毛剤のことです。

 

医薬品と同じく、薄毛や抜け毛への効果が認められていますが、
どちらかと言えば薄毛を治すというよりも予防を目的とした商品です。

 

こちらは薬剤師からの説明を受けずとも購入でき、ドラッグストアの中でも最も種類が豊富なのが特徴。
発毛促進や抜け毛の予防、産後や病後の脱毛の改善が主な効果・効能です。

 

特に、防腐剤や界面活性剤が入っていない無添加タイプの発毛剤は人気が高く、
産前産後でも安全に使えるのが魅力です。

 

化粧品

医薬品や医薬部外品と違い、厚生労働省が認めている成分が配合されていない発毛剤。

 

こちらは効果・効能を謳っておらず、健やかな髪を作るサポートとして、
海藻エキスや植物抽出エキスなどを配合しているのが特徴です。

 

この化粧品は、2001年から厚生労働省の許可がなくとも販売できるようになったため、
各メーカーから多くの製品が発売されています。
シャンプーも化粧品に分類され、頭皮にうるおいを与えて発毛しやすい環境を整えるのを
目的にしています。

 

 

まとめ

ドラッグストアで購入できる女性用発毛剤は、薬事法によって分類が3つに分けられています。
医薬品は効果が高いですが、薬なのでその分副作用が起きやすいというデメリットも。

 

もっとも副作用が少ない化粧品は安価で入手しやすいですが、
発毛に直接効果がある成分は含まれていません。

 

このように、それぞれに効果・効能が異なるため、
自分の薄毛に合った発毛剤を見つけることが大切です。