発毛剤 育毛剤 養毛剤

発毛剤、育毛剤、養毛剤ってどう違うの!?

薄毛や抜け毛の対策商品は、呼び名がいくつか分けられています。

 

頭皮に塗布するタイプのものとして、「育毛剤」、「発毛促進剤」、「養毛剤」
と種類がありますが、全て同じものだと思っている人もいるでしょう。

 

今回は、それぞれの商品がどのような違いがあるのかについてご紹介いたします。

 

 

 

「育毛剤」とは?

育毛剤は、髪の成長を促進する成分を中心に配合された製品。
今現在生えている髪の成長を促進して、脱毛を防ぐことが目的で作られています。

 

特に頭皮の血行不良を改善するための成分が配合されており、
髪の毛根へ必要な栄養を送りやすくして頭皮環境を改善します。

 

女性の薄毛の原因の一つが、冷え性などによる血行不良が挙げられるため、
育毛剤は髪が細く元気がなくなってきた、乾燥してパサパサなど傷みが気になってきた
という方におすすめです。

 

 

「発毛剤」とは?

発毛剤は、毛母細胞に働きかけて発毛を促進させるのが主な目的の製品です。
毛母細胞の働きを活性化させる成分が多く配合されているのが特徴です。

 

育毛剤とくらべ、薬事法によって医薬品指定を受けた製品が多いので、
医師から処方を受ける医療医薬品のものと、薬剤師が常駐しているドラッグストアなどで
購入できる医薬品が発売されています。

 

 

「養毛剤」とは?

養毛剤は、主に脱毛を抑える目的の成分が含まれている商品です。
今生えている髪を守るため、髪へ有効な栄養成分や保湿成分が
主に配合されているタイプも多いです。

 

他にも皮脂の過剰分泌やフケの発生を抑える成分も含まれており、
育毛剤や発毛剤よりも副作用が少ないのが特徴。

 

発毛剤が医薬品に分類されるものが多いのに対し、
養毛剤は化粧品に分類されるのがほとんどです。

 

継続して使うことで、頭皮の環境を整えて髪自体の健康維持が期待できます。
養毛剤を使用して頭皮環境を整えることが、結果として薄毛の改善につながるケースもありますが、
それ自体に発毛を促す効果はないため注意しましょう。

 

 

まとめ

それぞれの違いを簡単にまとめますと、以下のようになります。

 

  • 育毛剤…今ある髪に栄養を与え、成長を促す。
  • 発毛剤…髪が抜けてしまった毛根に、新しい毛髪が生えるようサポートする。
  • 養毛剤…直接発毛に関係する成分は入っていないが、日常ケアとして使うことで

    髪や頭皮の健康を維持する。

 

つまり、薄毛への対策には髪が新しく生えてくる「発毛剤」を使うのがおすすめ。
今ある髪の状態を良くしたい場合は、「育毛剤」や「養毛剤」を選択するのが良いでしょう。

 

この中から自分の目的と状況に合った製品を選び、薄毛や抜け毛の悩みを解決していきましょう。