発毛剤 白髪

発毛剤で白髪は治るのか!?

年齢を重ねていくと、さまざまな髪のトラブルが起こりやすくなります。
そんなトラブルの中の一つが、白髪・・・。

 

発毛剤で白髪は治る!?ウワサの真相に迫る!

 

白髪があると年齢よりも老けて見えますし、こまめに白髪染めをするのは
面倒に思う人もいるでしょう。

 

どうにかして白髪を元の黒髪に戻したいと思っている人も多いと思いますが、
白髪は、発毛剤を使うことで元の黒髪に戻る可能性があるのです。

 

 

どうして白髪が生えてくるの?

もともと髪は黒ではなく、色素がない白い色をしています。

 

実は、髪の毛が作られている過程の中で少しずつメラニン色素が混ざっていき、
黒い状態で生えてきているのです。

 

メラニン色素は毛根の一番下の部分になるメラノサイトという細胞が作っていますが、
このメラノサイトの活性化には酵素「チロシナーゼ」の働きが欠かせません。

 

何らかの原因でチロシナーゼの働きが弱いと、髪に色をつけられなくなり白髪として
生えてしまうのです。

 

そして、チロシナーゼは加齢によって機能が低下しやすいため、
年齢を重ねると自然と白髪の量が増えていきます。

 

他にもストレスやホルモンバランス、生活習慣の乱れなども白髪の原因。
近年、若白髪に悩んでいる人が増加しているのは、食生活の乱れや睡眠不足など、
生活習慣が大きく関係していると言われています。

 

また、特に女性は無理なダイエットによる栄養不足で、
20代や30代など若白髪に悩まされるケースも少なくないのです。

 

 

発毛剤が白髪対策に効果的な理由

発毛剤は髪を作っている毛母細胞を活性化させ、新しい髪が生えるのを目的としています。

 

ストレスやホルモンバランスの乱れがあると、頭皮の硬直が起こりやすく血行不良になりがちです。
そのため、頭皮環境を改善する効果がある発毛剤を使うことで、
髪に必要な栄養や酸素を行き渡らせることができ、
白髪の発生を防ぐ効果が期待できるのです。

 

発毛剤には、髪の栄養成分として欠かせないアミノ酸やミネラル、ビタミン
含まれている場合があります。
特にミネラルは、メラニン色素を作っているチロシナーゼの活動に必要な栄養素です。
アミノ酸はメラニン色素を作り出すメラノサイトの原料です。

 

発毛剤を通じてアミノ酸、ミネラル、ビタミンを補給することでメラノサイトが活性化され、
白髪になってしまった髪が再び黒髪に戻る可能性があるのです。

 

 

まとめ

黒髪が白髪になってしまうのは、メラノサイトと呼ばれる細胞が弱体化することが原因。
発毛剤を使用することでメラノサイトをはじめとする細胞が活性化され、
白髪が再び黒く戻る可能性がある。