発毛剤 眉毛

眉毛発毛剤と眉毛が生える仕組み・・・

発毛剤と言えば髪に使うものというイメージが強いですが、
最近眉毛の発毛を促す「眉毛発毛剤」が発売されているのをご存知ですか?

 

この眉毛発毛剤は、女性の眉毛に関する悩みを解決する製品として、
若い女性の間で話題を呼んでいるのです。

 

 

眉毛発毛剤ってどういうもの?

眉毛発毛剤とは、その名の通り眉毛に使うことで眉毛の発毛を促すために作られた製品です。
ファッションに限らず、メイクも常に流行が変化していますが、
最近ではナチュラルな太眉メイクが主流になってきています。

 

しかしつい数年前までは、眉毛を細く短く処理するのが流行でした。
その結果、細眉を作るため眉毛を抜くなど処理を重ねてきた女性の中には、
新しい眉毛が生えてこないと悩む人も多いです。

 

眉毛発毛剤は、眉毛が薄い人でも太眉が目指せるとして、若い女性の間で流行しているのです。
チューブ状のタイプの他に、手軽に塗れるよう先端が細筆になっているタイプもあり、
メイク道具と一緒に持ち運びしやすい形状です。

 

 

眉毛発毛剤と頭髪用の発毛剤はどう違うの?

同じ発毛剤でも、眉毛用と頭髪用のものは配合されている成分に違いがあり、
眉毛用発毛剤を髪に使っても発毛効果はありません

 

もともと頭髪と体毛では発毛する仕組みが異なっており、
頭髪は女性ホルモン、体毛は男性ホルモンが発毛に影響を与えています。

 

女性よりも男性の体毛が濃いのは、男性ホルモンの作用が影響しているのです。
そのため、眉毛育毛剤には男性ホルモンに関係する成分が中心に配合されており、
髪の使用には向いていないのです。

 

 

眉毛が生える仕組みは配合成分にあった!

眉毛発毛剤は、もともと眉毛が薄い人の発毛を促し、
眉毛にもっとボリュームを出したい人へ眉毛にハリやコシを与える効果があります。

 

主に以下のような成分が配合されており、継続して使うことで発毛を促し、
健やかな眉毛を作る効果が期待できるのです。

 

■メチルテストステロン
眉毛などの体毛の発毛を促す成分であり、男性ホルモンの成分が使われています。
もともと眉毛が薄い人や、眉毛の量を増やしたい人などにおすすめです。

 

■グリチルリチン酸2K
抗炎症作用、抗アレルギー作用がある成分で、
眉毛部分の皮膚に塗ることで発毛しやすい土台を作ります。
眉毛を抜きすぎて生えてこなくなった人におすすめです。

 

■ピディオキシジル
育毛成分の中でも刺激が少なく副作用が起きにくい成分です。
そのため、まつ毛美容液にも使われており安全性が高いのが特徴。
発毛効果が高く、ハリのある強い眉毛を作りたい人におすすめです。

 

■ニンジンエキス
血行促進効果によって、眉毛の発毛を促す成分です。
現在でも漢方に用いられる自然成分で、眉毛のような繊細なパーツに使っても
負担が少ないのがメリットで、眉毛が少なく発毛させたい人におすすめです。

 

 

まとめ

眉毛発毛剤は化粧品のように、ドラッグストアで手軽に入手することが可能です。

 

眉毛発毛剤と頭髪用の発毛剤では含まれている成分が異なっており、
眉毛用発毛剤を頭髪用に使うことはできません。

 

流行の太眉メイクをしたいと考えている方は、ぜひ発毛剤を活用して
ボリュームのある眉毛を手に入れましょう。