発毛剤 医薬品

国内で医薬品に分類されている発毛剤はリアップだけ!

「発毛剤」というキーワードで検索すればさまざまな商品が出てきますよね。
ですが、発毛剤で医薬品に分類されるものは日本では1種類だけです。

 

 

日本で唯一、医薬品に分類される発毛剤はリアップです!

 

 

大正製薬から発売されているリアップだけが、
日本では唯一医薬品に分類される発毛剤なのです。

 

リアップはもともとアメリカで開発された育毛剤です。

 

ミノキシジルという成分が発毛効果を発揮しますが、
このミノキシジルはもともと高血圧患者に投薬される薬でした。
もともと発毛剤として使用される薬ではなかったのです。

 

ですが、このミノキシジルを投薬した患者に発毛効果があったことから、
ミノキシジルが発毛剤として研究開発されるようになったのです。

 

アメリカの製薬会社であるファイザー製薬特許を取得し、
ロゲインという名称でミノキシジルを育毛剤に開発し、販売したことが始まりでした。

 

大正製薬はこのロゲインの独占販売権をファイザー製薬から取得し、
「リアップ」という名称で国内販売したのがリアップの始まりです。

 

ネットで調べているとさまざまな商品がありますが、
医薬品に分類される育毛剤はリアップだけですよ。

 

そのほかの商品は”発毛剤”という名称がついていても
医薬品には分類されません。

 

国内で医薬品に分類される育毛剤はリアップだけですが、
海外に目を向ければさまざまな商品があります。

 

  • カークランド
  • ポラリス
  • ジェンヘアー
  • BAKUMOKON
  • スペクトラル
  • フォリクロンローション

 

などなど。

 

これらは国内で正規に入手することはできません。
大正製薬のリアップがミノキシジルを育毛剤として販売する独占販売権を取得しているからです。

 

なので、これらの育毛剤を入手したいのであれば、
並行輸入という形で個人輸入するしかありません。
(使用にあたっては個人責任ということになります)

 

ネットを利用すれば平行輸入でリアップ以外の育毛剤も入手することができる昨今ですが、
使用にあたっては十分に注意する必要があります。

 

医薬品と認められているからにはそれなり効果があります。
ですが、裏を返せば副作用があるということ。

 

リアップのミノキシジル最大含有量はリアップX5の5%ですが、
海外の商品の中にはミノキシジルの含有量が10%を超えるものもありますからね。

 

使用にあたっては十分注意してください。