発毛剤

発毛剤で髪が増えない理由・・・

発毛剤で髪が増えない理由は明白です。

 

 

発毛剤で髪が増えない理由、それは・・・

 

発毛剤では男性ホルモンの脱毛作用を抑えることができないからです。

 

 

発毛剤と言われるるものは、血行を促進することで発毛効果を与えるものです。
発毛剤として世の中に広く認知されているのが、大正製薬から発売されているリアップですよね。

 

リアップは厚生労働省から唯一発毛効果が認めれれている発毛剤です。

 

リアップで発毛効果があるのは、リアップにミノキシジルという成分が含まれいてるからです。

 

ミノキシジルは、血管を増幅、拡張させる作用があります。
血管が増幅、拡張されることで改善されるのが血行の促進

 

頭皮の血行が促進されることで、毛細血管まで血液が行き届き、
毛根の細胞に血液が行き届くのです。

 

毛根に血液が行き届くことで毛根の細胞により多くの栄養素が供給され
毛根の細胞が活性化されるのです。

 

毛根の細胞が活性化されることで弱っていた髪に元気が戻るというわけです。

 

発毛剤を使用することで確かに髪に元気がなります。
元気になるのは、発毛剤を使用することで毛根の細胞が活性化されるからです。

 

 

ですが、よくよく考えてみて下さい。

 

 

多くの男性が悩む薄毛、抜け毛。
その根本的な原因は頭皮の血行不良ではないのです。

 

その根本的な原因のほとんどは男性ホルモンなのです。
男性ホルモンの影響で髪が薄毛が進行していくのです。

 

男性ホルモンがの影響で薄毛が進行していく症状は、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。

 

日本人男性の3人に1人が悩まされている薄毛。
その原因は多くは男性ホルモンなのです。

 

加齢と共に分泌量が増していく男性ホルモンが原因で、年齢と共に薄毛が進行していくのです。

 

発毛剤は血行を促進し、弱っていた髪を元気にする効果はあるものの、
分泌される男性ホルモンを抑えることはできません

 

 

発毛剤で男性ホルモンを直接抑えることはできないのです。

 

 

AGA(男性型脱毛症)の人が、発毛剤を使用して髪に元気が戻ったとしてもそれは一時的なもの。

 

男性ホルモンは分泌され続けます。
年齢と共に男性ホルモンの分泌量は増していくのです。

 

AGA(男性型脱毛症)なのであれば、発毛剤を使用しても効果は限定的です。
AGAなのであれば、男性ホルモンの脱毛作用を抑える必要があるのです。

 

 

AGAなのであれば、発毛剤を使用する以前に男性ホルモンの脱毛作用を抑えてください。

 

 

どうすれば男性ホルモンの脱毛作用を抑えられるかについて、
こちらのページで詳しく解説していますので、本気で髪を増やしたい人は一度チェックしてみて下さい。