検証!発毛剤は肝臓に悪いのか!?

発毛剤にも様々な種類があります。
塗るタイプもあれば、飲むタイプの発毛剤もありますが、
発毛剤は肝臓に負担を与えているのではないかとの懸念もあるようです。

 

 

 

 

肝臓がが体内どのような働きをしているのかというと、一般的には、
代謝、解毒という2つの作用があります。

 

代謝は、体内で吸収された栄養素をタンパク質、脂質などに加工処理して全身の送ることです。
解毒は、体内で吸収された有害物質を無害化して体外に排出することです。

 

では、肝臓に発毛剤の影響はどれほどあるのでしょうか?

 

発毛剤には頭皮に塗るタイプのものと飲むタイプのものがあります。
頭皮に塗布するタイプのものは肝臓に負担を与えることはほとんどありません。
肝臓に負担があるとされているのは飲むタイプのものです。

 

飲むタイプの発毛剤にはプロペシア、フィンペシアといった男性ホルモンの作用を抑えるものと、
ミノキシジルタブレットのように血流の促進を促すものがありますがありますが、
これらの内服薬は肝臓で代謝されることから肝臓に負担がかかるとされているのです。

 

 

 

 

飲む発毛剤だけに限った話ではなく、一般的に”薬”に分類されるものは
服用すると全て肝臓で代謝されることから多少なりとも肝臓に負担がかかるのです。
吸収された成分は肝臓に一旦送られ、肝臓で加工処理がほどこされ、
血液に乗って全身をめぐる代謝という作用が行われるからです。

 

AGA(男性型脱毛症)の処方薬として有名なプロペシアは、
病院によっては処方される前に肝機能のチェックが行われる場合があります。
肝機能に問題がある場合は、肝臓への負担を考えて処方されない場合もあるのです。

 

育毛サプリのように、体に害のない成分で構成されているものであれば
肝臓への負担は極力軽いでしょうが、プロペシア、フィンペシア、ミノキシジルタブレットのように
医薬品に分類される発毛剤は、フィナステリドやミノキシジルといった医薬成分を含むため、
それなりに肝臓に負担がかかるのです。

 

医薬品に分類される発毛剤を服用する場合は、肝臓に多少なりとも負担がかかることを
念頭に入れておいたほうがいいですよ。

 

以下に発毛剤と肝臓の関係についていまとめておきます。

 

発毛剤と肝臓の関係

  • 頭皮に塗るタイプの発毛剤・・・肝臓への負担はほとんどなし
  •  

  • 飲むタイプの発毛剤・・・医薬品に分類されるものは肝臓への負担がある
  • (育毛サプリは肝臓への負担はほとんどない)